相棒season13 あらすじ 14話 - 2015 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

相棒season13 あらすじ 14話

相棒season13 あらすじ 14話

シーズン13では「変化」をテーマに、右京らの人間関係に激震!?

「相棒season13」2月4日(水)は14話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

相棒season13 あらすじ 14話をお届けいたします。

大手楽器店との提携話が持ち上がっている老舗ヴァイオリン工房の社長夫人・新宮孝子(栗田よう子)が、自身の別荘で絞殺死体となって発見された。

被害者は殺害される直前、夫の蔵人(鈴木綜馬)に電話をかけていたが、夫婦仲は冷え切っていたらしく、死の危機にひんした彼女がなぜ、警察ではなく夫に電話したのか疑問が残った。

捜査に乗り出した右京(水谷豊)は、2人が愛情ではない別の何かで結びついていたのではないかと推理する。

また、右京の脳裏には、15年前のある出来事がよみがえっていた。

工房の後継者と目されていた双子の少女との出会い。

後に知ることになる痛ましい事件。当時の面影を残す双子の少女の一人・響(笹本玲奈)との再会。

右京は、今回の絞殺事件と、15年前に起きた出来事が、密接にかかわっている可能性を感じていた。

社長夫人は誰に、なぜ殺されたのか。

犯人が用いた巧妙な殺人トリックとは・・・!?

15年の時を超えて、衝撃の真実が解き明かされる!

以上が、相棒season13 あらすじ 14話の紹介でした。

「相棒season13」の放送は毎週水曜21:00〜21:54です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。