相棒season13 あらすじ 15話 - 2015 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

相棒season13 あらすじ 15話

相棒season13 あらすじ 15話

シーズン13では「変化」をテーマに、右京らの人間関係に激震!?

「相棒season13」2月11日(水)は15話「鮎川教授最後の授業」の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

相棒season13 あらすじ 15話をお届けいたします。

右京(水谷豊)は、享(成宮寛貴)の後押しもあって、大学時代の恩師の古希を祝う会合に出席する。

参加者は、恩師の鮎川(清水綋治)のほか、弁護士や大学教授、財務省の幹部など、特に優秀だった元教え子たち。

その中には、最後の教え子だったという社美彌子(仲間由紀恵)の姿もあった。

一同は、鮎川の身の回りの世話をしている家政婦の黎子(石野真子)の手料理に舌鼓を打ちながら会話を楽しんでいたが、鮎川は突然、思ってもみなかった疑問を投げ掛けてくる。

「なぜ人を殺してはいけないのだろうか?」。

次の瞬間、参加者たちは、強烈な睡魔に襲われ意識を失ってしまう。

気がつくと、そこは外界から遮断された地下室で、その一角には命題への回答を求める書き置きが。

しばらく後、地下室の扉が開かれるが、そこには猟銃を手にした鮎川の姿があった。

鮎川はなぜ教え子たちを監禁し、殺人の是非を問うのか。

捕らわれた右京たちは、この危機にどう対処するのか?

閉ざされた空間で、命を懸けた極限の頭脳戦が始まる!

以上が、相棒season13 あらすじ 15話の紹介でした。

「相棒season13」の放送は毎週水曜21:00〜21:54です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。