相棒season13 あらすじ 16話 - 2015 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

相棒season13 あらすじ 16話

相棒season13 あらすじ 16話

シーズン13では「変化」をテーマに、右京らの人間関係に激震!?

「相棒season13」2月18日(水)は16話「鮎川教授最後の授業・解決篇」の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

相棒season13 あらすじ 16話をお届けいたします。

右京(水谷豊)と美彌子(仲間由紀恵)が、大学時代の恩師・鮎川(清水綋治)に監禁されていることを知った享(成宮寛貴)たちは、必死に行方を追っていたが、いまだに場所を特定できずにいた。

いっぽう、悦子(真飛聖)は、享との間に子供を授かったことを峯秋(石坂浩二)に告げるが、そこで思わぬ事態が! 

その頃、右京は、一同を解放しようとしたことで、同じように監禁されてしまった家政婦の黎子(石野真子)から、鮎川と出会ったきっかけを聞いていた。

黎子いわく、2人の間に恋愛感情はなく、鮎川からの要望で家政婦として働くようになったという。 

そうこうするうち、再び地下室に鮎川が現れ、時間切れを告げる。

彼は一同を監禁した後、「なぜ人を殺してはいけないのか」という命題を突きつけ、満足のいく回答が得られなかった場合、誰かを撃ち殺すと宣言していたのだ。

「僕の中に眠っていた悪魔が目を覚ました」という鮎川。

右京は、享が助けに来てくれることを信じ、大きな賭けに出るのだった。

監禁された右京と美彌子に、恩師の暴走を止める術はあるのか?

相棒の窮地に奔走する享の救いの手は届くのか?

人々の思いが交錯する中、意外な真実が明らかになる!

以上が、相棒season13 あらすじ 16話の紹介でした。

「相棒season13」の放送は毎週水曜21:00〜21:54です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。