相棒season13 あらすじ 17話 - 2015 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

相棒season13 あらすじ 17話

相棒season13 あらすじ 17話

シーズン13では「変化」をテーマに、右京らの人間関係に激震!?

「相棒season13」2月25日(水)の放送はお休みです。

17話「妹よ」の放送は3月4日(水)となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

相棒season13 あらすじ 17話をお届けいたします。

捜査一課で経理係をしている陣川(原田龍二)の妹・美奈子(水崎綾女)と連絡が取れなくなった。

美奈子からの留守録の裏に、「早く乗せろ」という不穏な男の声が入っていたことから、陣川と旧知の仲である右京(水谷豊)と享(成宮寛貴)は捜査に乗り出す。

企業から依頼を受けて人材を探すヘッドハンターをしているという美奈子。

手掛かりを求めて部屋を調べると、謎の男から「例の件から手を引け」という脅迫めいたメールが届いていたことが分かる。

しかし、勤務先の情報セキュリティーは厳しく、美奈子が今、どんな仕事を抱えていたか判然としない。

それでも、わずかな糸口から、彼女が最近、大手電器メーカーの技術者と交渉していたこと。

そして、引き抜きによる情報流出を警戒したそのメーカーが、調査会社を使って美奈子を調べていたことが分かる。

陣川の妹は、なぜ姿を消してしまったのか?

転職をめぐる情報社会の闇とは・・・!?

“第三の男”陣川が、妹のために命懸けの捜査に挑む!

以上が、相棒season13 あらすじ 17話の紹介でした。

「相棒season13」の放送は毎週水曜21:00〜21:54です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。