相棒season13 あらすじ 18話 - 2015 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

相棒season13 あらすじ 18話

相棒season13 あらすじ 18話

シーズン13では「変化」をテーマに、右京らの人間関係に激震!?

「相棒season13」3月11日(水)は18話「苦い水」の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

相棒season13 あらすじ 18話をお届けいたします。

都内の小さな公園で、饗庭丈弘(伊嵜充則)という左官工をしていた男性の遺体が見つかった。

第一発見者は、特命係の追及をかわし続け、政治の裏側で暗躍してきた国会議員の片山雛子(木村佳乃)。

彼女はいまや、初入閣が噂されるほどの確固たる地位を築いており、また、日本有数の資産家の御曹司・桐山友哉(藤重政孝)と結婚の約束をしているという噂があった。

一方、鑑識の結果、饗庭の死因はアレルギー反応によるショック死であることが判明。

彼が死の直前、桐山のことを調べていたことも分かる。

右京(水谷豊)と享(成宮寛貴)は、雛子から直接事情を聞こうと接触するが、取り合ってもらえない。

さらに、彼女の圧力で事件は事故扱いとなり、捜査一課も手出しできない状況に。

それでも右京たちは捜査を継続。

饗庭の周囲を探ると、意外な事実が浮かび上がってくる。

被害者と資産家御曹司の意外な接点とは?

雛子は事件とどうかかわり、何を知っているのか?

右京と雛子の対決が、驚きの結末へと繋がる!

以上が、相棒season13 あらすじ 18話の紹介でした。

「相棒season13」の放送は毎週水曜21:00〜21:54です。

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。