土曜ワイド劇場 特別企画 切り裂きジャックの告白 刑事犬養隼人 あらすじ - 2015 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

土曜ワイド劇場 特別企画 切り裂きジャックの告白 刑事犬養隼人 あらすじ

土曜ワイド劇場 特別企画 切り裂きジャックの告白 刑事犬養隼人 あらすじ

嘘を見抜く刑事VS甦る連続殺人鬼!?

テレビ局を巻き込む劇場型犯罪!

「どんでん返しの帝王」が挑む衝撃のラストとは!?

主演は沢村一樹さん、瀬戸康史さん。

土曜ワイド劇場 特別企画 切り裂きジャックの告白 刑事犬養隼人

放送は4月18日(土)21時00分〜23時06分です。

気になるあらすじは下記の内容となります。

東京・春日野警察署の目の前にある公園で、臓器をすべて抜き取られた若い女性の遺体が発見される。

捜査本部が立つ中、その残忍な手口に違和感を感じとったのは、検挙率トップを独走する捜査一課の刑事、犬養隼人(沢村一樹)。

どんな時も自分の感情に惑わされず、相手の嘘を見抜くと恐れられている。

犬養には、重い腎臓病を患っている娘、豊崎沙耶香(桜田ひより)がいた。

主治医の真境名孝彦(竜雷太)や、その妻で麻酔医の真境名陽子(山下容莉枝)らから早いうちに腎移植手術を受けることを勧められていた。

そこで沙耶香を担当する移植コーディネーターとして紹介されたのが、高野千春(ミムラ)だった。

そんな中、犬養とともに事件の捜査にあたることを命じられたのは、埼玉県警から研修で一課にきたばかりの新人刑事、古手川和也(瀬戸康史)。

二人がコンビを組み捜査を始めるなか、捜査本部を嘲笑うかのように、「ジャック」と名乗る人物からの犯行声明が関東中央テレビに届く。

そこには「私はこの仕事を楽しんでいるのだ」といった言葉が記されていた!

以上が、土曜ワイド劇場 特別企画 切り裂きジャックの告白 刑事犬養隼人 あらすじの紹介でした。

どうぞ、お楽しみください。


スポンサードリンク
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。