銭の戦争 - 2015 冬ドラマ 最終回 完全攻略

スポンサードリンク

銭の戦争 あらすじ 4話

銭の戦争 あらすじ 4話

草なぎ剛が韓国の人気コミック原作の復讐劇で“金”と“愛”の価値を問う

「銭の戦争」1月27日(火)は4話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

銭の戦争 あらすじ 4話をお届けいたします。

結婚式当日、富生(草ナギ剛)に手を引かれて式場を飛び出した未央(大島優子)は、結婚相手の植草(丸山智己)から式の費用や慰謝料など多額の金を請求される。

2人は借金が増えたことを洋(大杉漣)に謝るが、それでも未央が結婚するより良かったと笑顔を見せる洋。

翌日、洋の借金を回収し損ねたことを赤松(渡部篤郎)に報告した富生は、代わりに赤松金融で取り立て不能になっている債権を回収すると言い出す。

未回収金額は占めて8750万円。

しかし相手はタチの悪いヤクザで、命を落としかねない危険な取り立てになることは間違いない。

そこで富生は、赤松にある条件を出す。

一方、借金返済のためひそかにアルバイトを始めた洋が、腰を痛めて入院してしまう。

困った未央が、式場で何とか披露宴の残金を分割払いにしてほしいと頼み込んでいると、そこへ騒ぎを聞きつけた梢(木村文乃)が現れる。

富生と未央の関係が気になる梢は、それとなく探りを入れつつ、未央の申し出に対して少し考えさせてほしいと返答する。

そして数日後、未央にある提案を持ちかけて・・・。

その頃、富生は、回収相手であるヤクザの大黒(高杉亘)から手ひどい暴行を受け、ボロボロになっていた。

しかし、大黒が投資詐欺でもうけていると知り、富生はその手口を逆手にとった回収方法を思いつき・・・。

以上が、銭の戦争 あらすじ 4話の紹介でした。

「銭の戦争」の放送は毎週火曜22:00〜22:54です。

どうぞ、お楽しみください。


銭の戦争 あらすじ 3話

銭の戦争 あらすじ 3話

草なぎ剛が韓国の人気コミック原作の復讐劇で“金”と“愛”の価値を問う

「銭の戦争」1月20日(火)は3話目の放送となります。

物語はどんな展開となるのか・・・

銭の戦争 あらすじ 3話をお届けいたします。

金貸しの赤松(渡部篤郎)に弟子入りした富生(草なぎ剛)の初めての仕事は恩師の紺野(大杉漣)からの取り立てだった。

居合わせた未央(大島優子)は、富生の非情な取り立てに憤る。

そんな中、資産家の植草(丸山智己)に突然、プロポーズされた未央は、結納金代わりに父親の借金も肩代わりすると提案され心が揺れる。

同じころ、富生は赤松に同行して、梢(木村文乃)の祖母・早和子(ジュディ・オング)が開いた招待制の会合に押し掛ける。

以上が、銭の戦争 あらすじ 3話の紹介でした。

「銭の戦争」の放送は毎週火曜22:00〜22:54です。

どうぞ、お楽しみください。
スポンサードリンク

おすすめ商品

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。